1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. Kaizen Platform

Kaizen Platform

  • マーケティング
  • 制作支援
  • SaaS
  • 広告

企業紹介

The best experience for everyone

2013年、アメリカ・カリフォルニア州にて創業、2017年設立。須藤憲司氏が代表取締役社長を務める。同氏は、リクルートにてマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、その後、リクルートマーケティングパートナーズにおいて最年少執行役員として活躍。「データを最大限に活用し、人々がその可能性を発揮できる基盤を提供することでインターネット産業全体の成長に貢献」することをビジョンに掲げる。
A/Bテストを用いた「UI改善をOpen化するPlatform」により、クラウドソーシングサービスを提供。「UI改善を世界の数千人のGrowth Hackerネットワークに接続することで解決する」ことを可能にする。「改善活動のインフラ」になることを目指す。また、静止画・動画広告をサポートするマーケットプレイス「Kaizen Ad」を提供、クリエイティブ改善の運用とクリエイティブ入稿の省力化を可能にする。FacebookとInstagramのマーケティングパートナー認定を取得済。
2019年1月にNTTアドより5億円の資金の資金調達を実施。今後、NTTグループ各社へのソリューション提供を行うとともに、合弁会社設立も視野に入れる。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

関連動画

「Kaizen Ad」 - 動画広告の制作から改善まで一気通貫で行うPDCAソリューション

2018.01.15

グロースハック Kaizen platform 須藤憲司 ・PENCIL 覚田義明 パネルディスカッション 【D2K第86回】

2014.09.28

【パネルディスカッション】大企業がベンチャーのサービスを使い始めた理由(AWS Summit Tokyo 2014 | EA-05)

2014.07.31

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
6,217百万円 2019.07.10

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
3,140百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.03.01 -百万円 - 大日本印刷 資金調達額不明
2019.01.30 500百万円 - エヌ・ティ・ティ・アド
2017.12.13 548百万円 - 登記簿情報より金額を推測/出資元不明
2017.12.13 530百万円 - SBIインベストメント / YJキャピタル / みずほキャピタル / 電通イノベーションパートナーズ
2016.02.01 969百万円 - NTTドコモ・ベンチャーズ / YJキャピタル / コロプラ / セゾン・ベンチャーズ 調達額800万ドル(1ドル121.17円計算)
2014.03.31 514百万円 - Eight Roads Ventures Japan / グリーベンチャーズ 調達額500万ドル(1ドル102.92円計算)
2013.08.20 78百万円 - GMO Venture Partners / グリーベンチャーズ / サイバーエージェント・キャピタル 調達額80万ドル(1ドル97.71円計算)

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 想定時価総額
- 未上場 - -

メンバー

須藤憲司

代表取締役社長

2003年早稲田大学卒業。
リクルートに入社。
アドオプティマイゼーション推進室立ち上げに従事したのち、リクルートマーケティングパートナーズ執行役員として活躍。
2013年Kaizen Platform, Inc.を米国で創業。