1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. Retty

Retty

  • CGM

企業概要

住所
〒108-0073 東京都港区三田1ー4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
企業HP・SNS
http://corp.retty.me/
従業員数
51〜100名
設立年月
2010.11

企業紹介

食を通じて
世界中の人々をHappyにする

2010年に武田 和也氏が設立をしたグルメサービスを提供する企業。すでに食べログやぐるなびといったグルメサービスがあり、後発となったにも関わらず急成功しているスタートアップである。
同社はグルメ情報サイトの「Retty」の開発、運営を事業の主軸としており、食という誰もが幸せになれる瞬間をサポートすることで世界の人々を幸せにする事を目的としている。グルメ情報サイトはいくつかすでに存在をしているが、Rettyの特徴としては実名の口コミであることやテーマに沿ったまとめ、SNSとの連携がある。後発ではあったものの上記のような差別化を図る事で順調に利用人数を増やし、2018年7月時点で月間利用者数を3000万人を突破している。
同社は2015年に「Retty2020 1億人構想」を発表し、2020年までに国内No.1、訪日外国人満足度No.1、グローバル20カ国への展開といった積極的な戦略をたてている。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

未上場

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
2,535百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.05.16 -百万円 - YJキャピタル -
2016.07.25 1,081百万円 - ABCドリームベンチャーズ / Eight Roads Ventures Japan / WiL 登記簿情報より算出
2015.03.20 1,003百万円 - Eight Roads Ventures Japan / みずほキャピタル / グリーベンチャーズ 登記簿情報より算出
2014.08.18 2百万円 - 登記簿情報より推測/出資元不明
2013.12.02 329百万円 - みずほキャピタル / 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ 登記簿情報より算出/シリーズB
2012.10.12 95百万円 - NTTドコモ・ベンチャーズ / グリーベンチャーズ / 三菱UFJキャピタル 登記簿情報より算出/シリーズA
2011.08.05 22百万円 - サイバーエージェント・ベンチャーズ ほか個人投資家も参加/登記簿情報より算出

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2017.09.30 日本方式 単独決算 1,268百万 392百万 392百万 -427百万 -427百万
2016.09.30 日本方式 単独決算 540百万 -587百万 -593百万 -594百万 -596百万
2015.09.30 日本方式 単独決算 -百万 -百万 -百万 -757百万 -476百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万

メンバー

武田和也

代表取締役社長

青山学院大学在学中に起業を決意。学生時代からECサイトを運営し、月商数百万円まで成長させる。2007年、株式会社ネットエイジ(現ユナイテッド株式会社)入社。ビジネスモデルを考えるために渡米、約1年の滞在期間中に現在のRettyの原型ができ上がる。帰国後、起業。2011年にRettyをリリースし、現在に至る。

長束鉄也

取締役

同志社大学法学部卒業後、2006年に一部上場企業に入社。法務総務部門に配属となり、企業法務や株主総会などを担当する。2008年にネットエイジ(現ユナイテッド)に転職し、モバイル広告営業、モバイルSEOコンサルティングを担当。2010年に同僚だった武田と現Retty株式会社を共同創業、現在に至る。

VA Linux, 米RedHatにて組み込みエンジニア、サーバエンジニア、APAC ソリューションアーキテクトを経験後、Googleに入社。日米オフィスを行き来し、インフラからGoogle マップナビ、モバイル検索まで幅広く経験。東日本大震災時にはGoogle パーソンファインダなども開発。その後楽天株式会社にて次世代プラットフォーム開発の一躍を担い、14年6月よりRetty株式会社にCTOとして参画。世界展開に向けて技術チームをリードする。

土谷祐三郎

執行役員CFO

梅田亮

執行役員 開発部門担当

安東太郎

執行役員 営業部門担当

プレスリリース