1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. スマートドライブ

スマートドライブ

  • その他
  • 自動車
  • レンタル
  • コンテンツ
  • IoT
  • メディア

企業紹介

移動の進化を後押しする

2013年10月東京大学大学院にて移動体のデータ分析を研究した北川烈氏によって設立されたスタートアップ。
スマートドライブは、移動体ビッグデータを活用し交通事故や渋滞を無くし、それに貢献すればお得なサービスを享受できるというシステムを提供している。具体的にはユーザーが小さい端末を車につける事でエンジンの回転数や車速など様々な運転データを取得出来るデバイスを開発。個人向けサービスではそのデバイスを用いた運転見守りサービス「SmartDrive Families」、法人向けサービスでは車両管理や安全運転を支援する「SmartDrive Fleet」を開発。2018年2月に月定額のカーレンタルサービス「SmartDrive Cars」を発表した。このサービスでは同様のデバイスを全ての車につけており、安全運転をすることで料金が値引きされたり、ショッピングに使えるポイントが付与される仕組みになっている。将来的にはデータを企業などに提供することでユーザーに対して月額料金を安くするモデルを構想。
2018年8月には産業革新機構、ゴールドマン・サックス、モノフル、鴻海精密工業の4社を引受先として約17億円の資金調達を実施。今回の資金調達を受け、物流業界への展開を強化するほか、「SmartDrive Cars」の拠点拡大やマーケティング強化を進める。また、研究開発ラボ「SmartDrive Lab」を中国・深圳に新設。今後も運転に関するビッグデータを武器に事業の展開を行っていくと考えられる。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

未上場

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
2,700百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.08.06 1,700百万円 - INCJ / ゴールドマン・サックス / モノフル / 鴻海精密工業 鴻海精密工業のパートナーファンド2020から
2015.08.05 -百万円 - INCJ 最大660百万円の調達
2014.04.28 -百万円 - ANRI 資金調達金額非公表
- 1,000百万円 - シリーズB、出資元、金額、日時非公開

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2017.09.30 日本方式 単独決算 -百万 -百万 -百万 -700百万 -396百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万