1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. Finatextホールディングス

Finatextホールディングス

企業紹介

次世代ウェルス・マネジメント・サービスを提供するFintechベンチャーで、2013年に東大出身者を中心に設立された。2016年には機関投資家向けにビッグデータの解析を行っているナウキャストと統合し、日本以外でも台湾、マレーシア、ベトナム、イギリスで事業を展開している。
同社は金融サービス開発事業、ビッグデータ解析事業、証券サービスプラットフォーム事業を行っている。金融サービス開発事業は、投資初心者に対しては投資について情報交換しながら投資について学ぶことができる投資コミュニティアプリ「あすかぶ!」や「かるFX」の開発・運営を行っているほか、すでに投資を始めている人に対してはニュース記事や企業情報と株価情報を私用した株式投資のアルゴリズム等を提供。金融機関に対しても近年注目を集めるロボットアドバイザーのエンジンを日本IBMと協業しながら提供している。ビッグデータ解析事業では、グローバルの経済指標や企業活動をより正確かつリアルタイムに配信し、グローバルな金融機関や政府等に提供。さらに、2018年には子会社スマートプラスを設立し証券業に参入する事を発表している。2018年7月、スマートプラスは手数料0円のコミュニティ型株取引アプリ「STREAM」の現物取引サービスを提供開始。同サービスは日本初となる従来型株式委託手数料無料の株取引となっている。
2019年には積極的なグローバル展開、新たな金融領域への事業拡大を目的に社名をFinatextからFinatextホールディングスに変更し、持株会社体制へ移行したことを発表した。ビッグデータを活用し、経済をマクロ・ミクロの両視点から捉えることができる当社は、今後も初心者から上級者まで投資に関わる多くの人に充実したサービスを提供していくだろう。

プレスリリース

関連動画

STREAM(ストリーム)WEB CM | 「みんな」篇 30秒

2019-01-16

STREAM(ストリーム)WEB CM | 「先輩投資家」篇 30秒

2019-01-16

STREAM(ストリーム)WEB CM | 「どの株買う?」篇 30秒

2019-01-16

【かるFX公式】かるFX - みんなと一緒にFXで楽しむアプリ!PV

2017-11-07

ファイナンス情報

資金調達情報

Icon Definition

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
7,425百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.07.30 6,000百万円 - KDDI / ジャフコ / スパークス・グループ
2018.01.23 1,425百万円 - ジャフコ -
- -百万円 - 東京大学エッジキャピタル 資金調達日、資金調達金額非公表

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2017.11.30 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 267百万円 221百万円
2016.11.30 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 45百万円 54百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 想定時価総額
- 未上場 - -

メンバー

林良太

代表取締役CEO

東京大学経済学部卒業。
英ブリストル大学のComputer Scienceを経て新卒でドイツ銀行ロンドンに入社。Managementヨーロッパ大陸日本プロダクト営業を統括。
2013年Finatextを創業。

伊藤祐一郎

取締役CFO/COO

東京大学経済学部卒業。
2010年よりUBS投資銀行本部において、IPOやグローバルM&Aをリード。
2013年より3年連続でグローバルトップ5%の評価を獲得。

戸田真史

取締役/Co-Founder 経済学博士

東京大学経済学部卒業。
2013年代表である林とFinatext創業。Finatext最初アプリの開発部リード。
現在FinatextグループのManaging Director。

木下あかね

Finatextジャパン代表取締役

辻中仁士

ナウキャスト代表取締役

赤井厚雄

ナウキャスト取締役会長

渡辺努

ナウキャスト創業者・技術顧問

西村清彦

技術顧問

植田和男

技術顧問