1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. トリプル・ダブリュー・ジャパン

トリプル・ダブリュー・ジャパン

  • 医療・介護
  • IoT

企業紹介

生体の全てを予測し、不測の不幸をなくす

中西敦士氏が2014年に米国で立ち上げたスタートアップ企業。慶應義塾大学卒業後、新規事業の立ち上げコンサルティングに従事したのち、海外青年協力隊でフィリピンへ行き村落開発や新規ビジネス開発を行い更には海外のUCバークレーへ留学するなどの多くの経験を持つ中西氏は自身の苦い経験を元に排泄のタイミングを予知するデバイス「DFree」を開発する。
同サービスは超音波によって膀胱の変化を察知し、排泄のタイミングをスマートデバイスに知らせ排泄のタイミングを予測するというものだ。これらは介護においても大きなメリットがあり介護をする人の負担を軽減することも可能にする。2017年時点で全国約150施設の介護施設や病院で使用されている。
2017年6月より、フランスの世界最大手の介護施設において本格導入を目指しパリにフランス支社を立ち上げるなどヨーロッパにも拡大。2018年7月にはついに個人に向けた排尿予測デバイス「DFree Personal」の正式販売開始。本体と携帯端末が直接Bluetooth通信にて連携するため外出先でも利用が可能となった。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

未上場

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
1,170百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2017.11.06 500百万円 - ニッセイ・キャピタル / 鴻海精密工業 -
2016.07.04 500百万円 - Foxconn / SBIインベストメント / iSGSインベストメントワークス / みずほキャピタル / みずほ銀行 / リヴァンプ / 大和企業投資 / 日本政策金融公庫 シリーズA/みずほ銀行と日本政策金融公庫から1億円を調達
2016.02.01 120百万円 - ハックベンチャーズ / 新エネルギー・産業技術総合開発機構 資金調達日不明
2015.04.24 50百万円 - ニッセイ・キャピタル シード
2015.04.01 -百万円 - iSGSインベストメントワークス 資金調達日、資金調達額非公表

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万

メンバー

中西敦士

代表取締役

慶應義塾大学商学部卒業。
ベンチャー企業勤務や青年海外協力隊を経て2013年年から米国に留学。
2014年米国にてトリプル・ダブリュー設立。
2015年トリプル・ダブリュー・ジャパン設立。

小林正典

取締役

慶應義塾大学商学部卒業。
デロイトトーマツコンサルティング、 IR Japan、楽天にて、事業戦略策定、IPO支援、M&Aアドバイザリー等に従事。
2014年よりトリプル・ダブリューに参画し複数社のスタートアップでCFO業務の兼務を経験後、取締役就任。

村木洋介

取締役

東京大学工学部産業機械工学科修士課程修了。
2000年にソニーに入社しエンジニアとして活躍。
2014年よりJAIコーポレーションにて、グローバルCTOとして産業用カメラの製品化に従事。
2017年、技術顧問としてトリプル・ダブリュー・ジャパン参画後、2018年より取締役に就任。