1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. PKSHA Technology

PKSHA Technology

  • マーケティング
  • 業務支援
  • AI
  • CRM
  • その他

企業紹介

BI to AI : 学習するソフトウエアで世の中を新しく

人工知能界隈では有名な東京大学松尾豊氏の研究室出身者が2012年に設立した企業。小規模な企業ではあるものの、トヨタなども出資をする注目のAIスタートアップ。
アルゴリズムモジュール(機械学習/深層学習・自然言語処理・画像認識)を販売するライセンス事業とモジュールを組み合わせた自社ソフトの開発なども行っている。領域特化型の画像認識エンジン「PKSHA Vertical Vision」では、映像中に現れる人の動線や特定の行動の検知、交通情報の解析、ECコマースにおける商品の画像解析、医療分野における診断サポートといった様々な領域における業務効率化を促進する事が出来る。その他の人工知能を用いたソフトウェアを開発、販売しているものの、同社の大きな特徴はアルゴリズムをライセンス事業として展開しているところにある。アルゴリズムを導入するとユーザーが使えば使うほど、サービスの質が向上するために解約率が低く、ライセンスフィーが安定的に収益となることが考えられる。
同社はエンジニア100%主義をかかげており、営業に特化した人は少ないもののプロダクトの質の高さからか、急拡大をし2017年9月にはマザーズへ上場。2017年時点で30人の従業員に対して約10億円もの売上を記録している。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

IPO

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
408百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2016.10.31 250百万円 - NTTドコモ / 伊藤忠商事
2016.05.13 158百万円 - NKリレーションズ
- -百万円 - 佐藤裕介 資金調達日、資金調達額非公表

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.09.30 日本方式 連結決算 1,503百万 596百万 588百万 -百万 611百万
2018.09.30 日本方式 単独決算 1,108百万 266百万 358百万 -百万 461百万
2017.09.30 日本方式 連結決算 934百万 395百万 384百万 -百万 268百万
2017.09.30 日本方式 単独決算 880百万 276百万 275百万 -百万 197百万
2016.09.30 日本方式 単独決算 459百万 157百万 157百万 -百万 116百万
2015.09.30 日本方式 単独決算 292百万 149百万 149百万 -百万 100百万
2014.09.30 日本方式 単独決算 110百万 -百万 49百万 -百万 31百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
2017.09.22 マザーズ 175.5倍 108,110百万

EXIT情報

EXIT日 EXIT手法 PER(初値) 時価総額(初値) 備考
2017.09.22 IPO 481.12倍 70,028百万

IPO時主要株主割合

株主名 比率
上野山勝也 44.58%
山田尚史 14.61%
NKリレーションズ 12.45%
信託口 8.12%
浅利圭佑 7.2%
株主名 比率
LUCE Capital 5.42%
松尾豊 2.19%
佐藤裕介 1.03%
NTTドコモ 0.88%
伊藤忠商事 0.58%

メンバー

上野山勝也

代表取締役

東京大学大学院修了。
2007年ボストン・コンサルティング・グループ入社。東京/ソウルオフィスにて BI 業務に従事。その後、大手ネット企業の米国シリコンバレーオフィス立上げに参画し、ウェブプロダクトの大規模ログ解析業務に従事。
2012年PKSHA Technology 創業。
2014年東京大学松尾研究室にて博士(機械学習)取得。松尾研究室助教授を務める。

山田尚史

取締役

2012年東京大学卒業。松尾研究室に所属し機械学習技術を修める傍ら、率先してベンチャー企業に参画しソフトウェア開発に携わる。
弁理士資格取得。
2012年PKSHA Technology を創業。技術全般をリード。
2017年、Forbes 30 UNDER 30 ASIA 2017: ENTERPRISE TECHNOLOGY に選出される。

吉岡哲俊

取締役

監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人 トーマツ)入社。公認会計士として株式公開支援業務、法定監査業務に従事。その後、事業会社の財務戦略室に従事し、資金調達を行う。
2015年PKSHA Technology入社。2016年PKSHA Technology取締役就任。

松島陽介

社外取締役

水谷健彦

社外取締役

藤岡大祐

常勤監査役

松尾豊

技術顧問

佐藤裕介

非常勤監査役

下村将之

非常勤監査役

競合情報

すべてを表示
閉じる