1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. オルツ

オルツ

  • その他
  • 制作支援
  • AI

企業紹介

「未来少年」というIT企業を設立し、創業から9年で15億円規模の売上まで成長させた実績をもつシリアルアントレプレナーの米倉氏によって設立されたAIスタートアップ。シード期から6億円以上という資金調達に成功した事でも知られている。
同社は、パーソナライズ化した人工知能「P.A.I.」の開発、提供を事業の主軸として展開。ビッグデータが取得、記録出来るようになった、という技術的背景を基に人工知能は注目を集め、近年は第三次AIブームと呼ばれている。代表的なものに「Watoson」や「Siri」などが存在しているが、これらのAIに共通することは膨大な知識をデータとして蓄積し、神のように賢い事である。しかし、同社のAIはそのような賢いものではなく、どこまで個人の人格に近づけ個人のAIとして生成出来るかという事に取り組んでいる。このパーソナライズ化したAIを用いることによって、自分のコピーをデジタルな世界に作成する事ができ、例えば自分の代わりに返信を行う事が出来るようになる。さらに特徴的なのが、この技術を応用すると、一定量のデータを解析させる事によって死んだ人や芸能人、科学者などをデジタルの世界に作成出来ることだ。教育の世界で具体例をあげると、この技術によって誰もが世界のトップレベルの教育をマンツーマンで受ける事を可能にするかもしれない。
大きな可能性を秘めたAIを開発している同社は、2019年1月10日にはITを駆使した営業支援企業であるREGAIN GROUPと資本業務提携をした。同年4月1日には、SBIインベストメント、REGAIN GROUP、TISに対して第三者割当増資を実施したと発表。これからもITやAIによる新たな営業手法を共に開発していく。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

関連動画

alt プロモーションビデオ(JP)

2018.07.30

「オルツ対話エンジン」 オルツカンファレンス2018 〜OPERA〜 7/12

2018.07.17

「FG-NER / RMR」 オルツカンファレンス2018 〜OPERA〜 7/12

2018.07.16

「スマートスピーカー開発プラットフォーム altgo」 オルツカンファレンス2018 〜OPERA〜 7/12

2018.07.16

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
1,300百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.04.01 -百万円 - REGAIN GROUP / SBIインベストメント / TIS 資金調達額非公表
2019.01.10 -百万円 - REGAIN GROUP 資金調達金額非公表/資本業務提携
2018.03.01 100百万円 - 野村ホールディングス -
2017.10.10 590百万円 - OKBキャピタル / SBIインベストメント / SMBCベンチャーキャピタル / ジャフコ シリーズB
2016.06.24 93百万円 - SMBCベンチャーキャピタル / 三菱UFJキャピタル
2016.04.20 517百万円 - ジャフコ -
2015.05.11 -百万円 - East Ventures 資金調達金額非公表

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2017.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -848百万円 -487百万円
2016.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -359百万円 -321百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 想定時価総額
- 未上場 - -

メンバー

米倉千貴

代表取締役

2001年名古屋のITベンチャー企業(現東証一部上場、電子書籍配信会社のメディアドゥ)の取締役戦略企画部長として経営に参画。
2003年電子書籍の企画販売などを手掛ける有限会社STAR BUGを設立し、社長に転身。
2006年には電子書籍の企画などを行う未来少年を設立し、業容を拡大させた(STAR BUGは11年に未来少年と合併し解散)。
2014年、ウェアラブルを未来少年の子会社として設立し、年商15億円に成長させる。
同年11月現在のオルツを設立。

福島泰三

監査役