1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. メルティンMMI

メルティンMMI

  • 家電製品
  • ロボット

企業紹介

EMBODY YOUR CREATIVITY 人間の創造性が無限に発揮される未来へ

2013年に粕谷昌宏氏と關達也氏が中心となり、ふたりが博士課程在学中に創業。「サイボーグ技術によって身体による限界から人類を開放し、誰もが自分自身に合った活躍ができる世界を創る」ことをビジョンに掲げている。生体信号処理技術やロボット技術を高度に発展させ、義体やBrain Machine Interface(脳と機械をつなぐインターフェース)などのサイボーグ技術の実現に取り組んでいる。
2018年3月にリリースされた「MELTANT-α」は、生体模倣にヒントを得た世界で最も人間に近い技術が組み込まれたアバターロボットである。たまごの殻を割らずに持てるといった人の手に限りなく近い繊細さと10kg程度の物体を持ち上げるパワーも備えている。
また、2017年12月に総額2.1億円、さらに2018年10月にシリーズBラウンドとして総額20.2億円を調達をしたことを発表。これを機にアバターロボットMELTANTの実用モデルや、医療機器の開発を加速させる見通し。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

関連動画

メルティンMMIは、サイボーグ技術で“創造性が身体に制限されない世界”を実現する(ICC KYOTO 2018)【動画版】

2018-10-09

「メルティンMMI」は、生体信号処理×ロボット機構制御で最先端のサイボーグ技術を開発する

2018-02-02

最先端の筋電技術で身体を拡張する「メルティンMMI」(ICC FUKUOKA 2017 リアルテック・カタパルト)

2017-04-23

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
5,519百万円 2019.04.15

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
2,230百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.10.17 2,020百万円 - SBIインベストメント / 大日本住友製薬 / 第一生命保険 シリーズBラウンド
2018.08.24 68百万円 - 登記簿情報より金額を算出/出資元不明
2017.12.06 141百万円 - スパークス・グループ / ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル / 日本医療機器開発機構 82.6(百万円)/推定補助金58.96(百万円)/登記簿情報より金額を算出
2016.02.15 -百万円 - ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル -

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.05.31 日本方式 単独決算 -百万 -百万 -百万 -86百万 -46百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万

メンバー

内田毅彦

取締役

内科・循環器科専門医。ハーバード公衆衛生大学院修士・ハーバード経営大学院GMP修了。現在の医薬品医療機器総合機構(PMDA)・日本医師会での勤務を経て、日本人として初めて米国食品医薬局(FDA)にて医療機器審査官を務める。さらに、臨床開発支援のBaim Institute、世界的な医療機器大手Boston Scientific 米国本社Medical Director、米シリコンバレーにて医療機器スタートアップ企業へのコンサルティング業を経て、2012年(株)日本医療機器開発機構を設立。医療現場での有用性を踏まえた製品開発、臨床試験デザインから海外薬事戦略、海外販売展開の推進まで多岐に渡る豊富な実績を有し、日本初の本格的医療イノベーション・インキュベーターとして医療機器、再生医療、デジタルヘルスサービスなどの事業化に着手している。

就任した主な委員・役職等(在任中も含む)
– 日本医療研究開発機構AMED 革新的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)課題評価委員
– 日本医療研究開発機構AMED 医療機器アイデアボックス 臨床ニーズ抽出委員
– 厚生労働省 医療系ベンチャー振興推進会議構成員
– 経済産業省 グローバルネットワーク協議会分野別エキスパート
– 総務省 I-Challenge!一次提案審査委員
– 新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO Technology Commercialization Program審査委員
– 情報処理推進機構 先進的IoTプロジェクト支援事業メンター
– 公益財団法人医療機器センター 新医療機器の承認審査に関する研究会オーガナイザー、他