1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. チャレナジー

チャレナジー

企業紹介

2014年に清水敦史氏が設立したスタートアップ企業。2011年3月11日の東日本大震災で目の当たりにした原発事故をきっかけに安全で持続可能な風力発電にエネルギーシフトする事業を立ち上げることを決意した。その後台風のような強力な風でも平時でも安定して発電し続けられる次世代風力発電機「垂直軸型マグナス式風力発電機」を開発。プロペラではなく円筒を気流中で自転させたときに発生する「マグナス力」によって動作する仕組みになっているため、 従来のプロペラ式と比べ効率的であり、安全性の向上や低コスト化が期待できる次世代風力発電機だ。 2017年10月の台風22号直撃時には最大瞬間風速33m/sの暴風域における安定発電に成功するなど技術は着実に進歩している。
2018年2月には2.8億円の資金調達に成功したことを発表した。今後はこれらの「垂直軸型マグナス式風力発電機」を世界に拡大しエネルギーシフトを実現していくと同時に、新興国を中心に約13億人が電気のない生活を強いられている問題に向き合い世界中の人々が電気のある安心で安全な世界を創造することを目指している。また、2019年4月には既存株主のTHKと、新規株主のスカパーJSAT、第一生命保険、小橋工業より5億円の資金調達を行い、両者で発電・衛星設備をデジタルデバイド地域むけに提供していく。

関連動画

The First Test in Okinawa by Challenergy Inc.

2017-04-28

風力発電にイノベーションを起こす「チャレナジー」(ICC FUKUOKA 2017 リアルテック・カタパルト)

2017-04-23

Japan: 'Typhoon turbines' could power the world after a single storm

2016-11-28

チャレナジー事業紹介_20160115

2016-01-16

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
1,381百万円 2019.04.19

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
780百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.03.31 500百万円 - THK / スカパーJSAT / 小橋工業 / 第一生命保険 資金調達日(3月末)
2018.02.02 280百万円 - THK / ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル / 三井住友海上キャピタル
2016.11.17 -百万円 - ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル 資金調達額非公表
2015.12.18 -百万円 - グローカリンク 資金調達額非公表

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.12.31 日本方式 単独決算 -百万 -百万 -百万 -248百万 -172百万
2017.12.31 日本方式 単独決算 -百万 -百万 -百万 -75百万 -38百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -