1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. アセントロボティクス

アセントロボティクス

  • 自動車
  • AI

企業概要

住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-6-10 Giraffa 11F
企業HP・SNS
https://www.ascent.ai/jp/company/
従業員数
21〜50名
設立年月
2016.09

企業紹介

最先端AI技術で自動運転の未来を創造

IBM、Oracle、Accentureなど世界のトップ企業の執行役員、パートナー、VPなどの上級ポストを歴任し、直近は Deloitte Digital Japan のカントリーマネージャを務めた石﨑雅之氏が、2016年9月に創業したスタートアップ。深層強化学習および深層学習技術を活用した人工知能ソフトウェアを提供するベンチャー企業であり、様々な分野に事業を急速に拡大している。
同社の特徴的な技術として、敵対的生成ネットワークを含む生成モデルがある。一般的なAIは、その利活用のために膨大なデータが必要であったが、同社の生成モデルは自ら学習データを生成・学習するため、膨大な事前データが必要とされなくなり、スピード性やコストの面で大きなアドバンテージがある。さらに同社は現在、この技術にARやVR、AIアルゴリズムなどを統合したロボット AI教育環境「ATLAS」の開発を進めている。この技術によってAIがタスクの意図を獲得できるワンショットラーニングや効率的な模倣学習などを実現することで、初めての場所やどのような地域および状況下においても周辺を検知するセンサーのデータを基に状況を総合的に判断しながら走行する完全自動運転技術の開発を進めているのである。
同社は、2018年3月にSBIインベストメント株式会社をリードインベスターとして、個人投資家複数名を引受先に約11 億円の第三者割当増資を実施した。この資金調達を活用して、公路での自動運転の実証実験の実現および AIの研究開発を加速させるとともに、組織の規模を拡大とリサーチャーおよびエンジニアの採用加速するため、オフィスの移転および海外拠点の開設に向けて動いている。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

未上場

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
1,100百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.03.19 1,100百万円 - SBIインベストメント 他、個人投資家

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万