1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. ブルックマンテクノロジ

ブルックマンテクノロジ

  • 製造
  • 制作支援

企業紹介

静岡大学電子工学研究所・川人祥二教授が、文部科学省のプロジェクトである、"浜松地域知的クラスター創成事業"にて発揮した研究成果をベースに、民間企業の経営ノウハウ・製品化技術が結合。2006年2月に起業した会社である。以来、多くのCMOS集積回路、イメージセンサ(広ダイナミックレンジイメージセンサ、光速度イメージセンサ、TOF(タイムオブフライト=飛行時間)距離画像(3次元センサ))の開発・設計の仕事を手がけている。同社の開発する各種センサは様々なカメラの高性能化、小型化、低消費電力化を両立させる。
同社は成長過程において、川人教授の研究室と連携することで高度なR&D機能を確保してきた。この連携により、大きな研究開発費用を捻出できない中でも,将来実を結ぶ可能性のある技術シーズの保有が可能となり、新製品の開発をコンスタントに継続している。
2018年11月には増資も行い、資本金を2億6千万円から5億円弱に増加。12月には凸版印刷、緑屋電気などより資金調達を実施。今回の調達資金は8K放送向けカメラに使用するイメージセンサーの開発資金に充てる予定。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
610百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.12.17 460百万円 - 凸版印刷 / 緑屋電気
2013.12.26 150百万円 - ニッセイ・キャピタル -

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -