1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. ひむか AM ファーマ

ひむか AM ファーマ

  • 医療・介護
  • R&D

企業紹介

日向(ひむか)の地から新しい医薬品を

炎症性腸疾患の特効薬開発を目指す宮崎大学発スタートアップ。同大学医学部で発見され,基礎研究・臨床研究が進められている生理活性ペプチド;アドレノメデュリン(adrenomedullin, AM)の改良による創薬シーズの研究開発を実施し,Unmet Medical Needs の解消に貢献する創薬を目指す。
宮崎大学の研究員らによって発見されたAMは、強力な粘膜修復作用や血管新生作用を持ち、体内に必須のものとして存在する物質であるため抗原性がなく安全性が高いという特徴を持つ。また、天然型のAMは宮崎大学が研究開発を進めており、宮崎大学と同社の間でライセンス契約を締結している。難治性潰瘍性大腸炎に対する治験が宮崎大学を中心として実施中で、難治性クローン病に対する治験も今年から実施されるなど同大学から開発のバトンを引き継ぎ、外部企業との提携を進め上市を目指す。
2019年6月24日に経済産業省発表のJ-Startupに選定。今後は次世代型AMはグローバル市場を見越した創薬開発に注力し、数年内に臨床試験の段階へと開発を進める方針だ。

サービス

新薬の研究開発

  • 医療・介護
  • R&D

ペプチド(アミノ酸結合体)の一種「アドレノメデュリン(AM)」を生かした新薬の研究開発

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
600百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 想定時価総額
- 未上場 - -

メンバー

新城裕司

代表取締役

1975年生まれ、宮崎県延岡市出身。高校卒業まで宮崎で過ごし、大学進学を機に京都へ。大学院修了後はJR九州へ入社。9年前に宮崎へUターン。宮崎大学産学・地域センターに勤務後、2017年2月にひむかAMファーマ株式会社を設立。現在は宮崎大学医学部の研究者と連携して難治性炎症性腸疾患治療薬の開発に努める。同社は、2017年4月24日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の平成29年度「創薬支援推進事業―希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業―」に採択され(全国でわずか二社採択のうちの一社)、実用化に向けた開発に期待が寄せられている。