1. HOME
  2. miup
  3. メンバー

miup

メンバー

酒匂真理

Co-Founder & CEO

東京大学大学院 農学生命科学研究科 修士課程修了(農学修士)
研究者を目指して学生時代より途上国開発を行なっていたが、途上国のフィールドに多く通ううちに、研究よりも、実際に現場での「変化」を起こしていくプラクティショナーになりたいと考え、社会的問題を解決する事業を作ることを決心。大学院卒業後、外資系消費材メーカーの商品開発・マーケティング職を経て、バングラデシュへ渡り起業。

横川祐太郎

Bangladesh Local miup CEO & COO

日本大学経済学部卒業
学生時代よりバングラデシュの進出コンサルにてインターンを開始し、バングラデシュでのネットワークを形成。卒業後、専門商社にてアジア各国で合成樹脂の貿易業務に従事したのち、再びバングラデシュの進出コンサルにて、日本企業の現地進出・ビジネスディベロップメントを支援。その後、ビジネスと社会インパクトの両立を目指すmiupに共感し、2016年よりmiup参画。

長谷川嵩矩

Co-Founder & Collaborative Researcher

京都大学大学院 情報学研究科 博士課程修了(情報学博士)
共同創業者兼共同研究者。代表酒匂の大学時代の同級生であり、学生時代より技術を使って社会を変えられないか議論していた。新興国における酒匂の取り組みを通し、途上国医療分野でのAIの応用可能性を感じ、miup社を共同創業。AIの共同研究と監修を担当。博士課程卒業後、東北大学助教を経て現東京大学医科学研究所助教。統計的予測・推定、ゲノム解析、バイオ・ヘルスインフォマティクスが専門。

森田知宏

Medical Director & Medical Doctor

東京大学 医学部 医学科卒業(医師)、現在東京大学大学院 医学系研究科 博士課程在籍
福島の人々の力になりたいと福島へ移住。相馬病院にて内科医として勤務しながら、被災地の人々の健康被害研究を行ないつつ、バングラデシュ・中国の公衆衛生問題の研究も行っている。miupでは、医学現場を知っている医師として、AIやサービス開発を行なっている。効率的な医療のあり方に関心が高く、本サービスで理想の形を探りたいと考えている。

Abdur Rahman

Advisory Board

A professor at Jahanginagar University, Dhaka. A pioneer of the public health of Bangladesh . He has been working on many collaborative activities with Government, Non-Government and Private Organization internationally.