1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. コトバデザイン

コトバデザイン

  • 製造
  • AI

企業概要

住所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-11 ステラ青山202号
企業HP・SNS
https://www.cotobadesign.com/
設立年月
2017.08

企業紹介

新しい人と機械の関係を作り,各個人に機械との会話を設計する機会を与えることにより,我々の人生を豊かにする

「自然言語インタフェースを変え,改良する個人の貢献によって,機械の知能がもたらす力を年齢,文化,性別,教育を超えて大衆に解放する。」そんなビジョンを掲げている企業がコトバデザイン(以下、同社)だ。同社は対話用人工知能(AI)を開発している。
同社は、外部の技術者が用途にあわせて改造できる対話AIの開発を行っている。外部の技術者によって改造することができるため、必要とされる用途に特化したAIを作り上げることができる。例えば医療用語に強いAIや法律に詳しいAIなど、用途に合わせて外部の技術者がカスタマイズすることができる。
現状では、「電気をつけて」などといった命令を的確に処理できる段階まで進んでいるが、抽象度の高い会話はまだできるようにはなっていない。今後はサードパーティーも巻き込むことによって、用途に特化した AIの作成を外部の技術者が簡単に作成できる社会の創造を図っていく。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

未上場

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
261百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.11.01 200百万円 - 大阪大学ベンチャーキャピタル / 日本ビジネスシステムズ
2018.02.28 39百万円 - 登記簿情報より金額を推測/出資元不明
2017.10.24 22百万円 - 登記簿情報より金額を推測/出資元不明

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.05.31 日本方式 単独決算 -百万 -百万 -百万 -39百万 -39百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万

メンバー

栄藤稔

執行役社長

2017年8月に創設された自然言語対話の会社「コトバデザイン」の執行役社長に8月29日就任.
これまで30年間の人と機械のインタフェースパラダイム,「機械が持っている機能を人間がいかに快適に使うか」を超えた新たなインタフェースパラダイム創生に挑戦したい.それは,「機械ができること,人間が求めていることを対話により共創していくインタフェース.」人と機械の協調により双方が進化していくという新しいパラダイムを作りたい.
「AIを語る前にデジタル変革が重要,デジタル変革には組織改革が必須.」が最近の主張.日経に記事を連載中.
3年毎にやることが変わる技術屋.学生時代はZ80で並列コンピュータ試作する計算機研究.
パナソニックに就職と共にデジタルVCR試作.3年後ATRに出向.役に立たない非単調推論,知識構造表現を研究.
ATRから大学に行き,パターン認識研究を2年間.これで学位取得.パナソニックに戻りMPEG標準化のリーダー.
2000年にドコモに転じ,モバイルマルチメディアを担当.そのときAppleと組んで定めたファイル形式がMP4.
自称iPodの外祖父.2002年末にシリコンバレーに異動となり,モバイルインターネット.一方で,標準化活動でMPEGのエミー賞受賞に貢献.
2005年に日本に戻り,分散音声認識を商用化.2007年にデータマイニングを立ち上げ,並列分散ペタバイトデータベースを構築.
twitterなどストリーム処理を含めた自然言語処理応用をデータ量と並列計算システムで解決するアプローチを実践.
これは「しゃべってコンシェル」で具現化.2012年6月より,NTTドコモ執行役員となり,ドコモのサービスプラットフォームの“クラウド化”と“データ解析による最適化(AI)”を推進.2017年6月ドコモ執行役員を退任し,7月16日より大阪大学先導的学際研究機構教授就任.
2014年10月より兼務している(株)みらい翻訳社長を継続し,深層学習による機械翻訳サービス開発を事業化中.
科学技術振興機構 CREST 人工知能領域 研究総括を2016年度から務め,大阪大学からは3つの兼業を許可されている.

後藤和貴

取締役CTO

筑波大学第三学群情報学類卒業後、日本オラクル入社。データベース関連製品のカスタマーサポートから、本社Oracle Corporation転籍後はウェブ関連製品の開発に携わる。その後ビジネス・アーキテクツでは、技術チーム立ち上げから各プロジェクトでのディレクション役務を経験後、プロジェクトマネージメント担当取締役として経営にも参画。

フリーランスのテクニカルディレクターとして活動中の2009年にAWS(Amazon Web Services)に出会い、アイレット株式会社にてAWSの構築/保守運用サービスcloudpack事業立ち上げに参画。日本へAWSを広めるべくコミュニティ活動などを通じてエバンジェリストとして活動しながら、事業の成長に貢献。現在マーケティング部門、デザイン部門、動画配信サービス部門の責任者。もうすぐ当たり前になる技術で人々の生活をもっと便利にしたいという思いから、コトバデザインへ参画。よりインテリジェントで、よりやさしい対話エージェントとその仕組みを支えるバックエンドシステムの開発のために努力していきたい。

小泉彌和

取締役CDO

インドネシアからの帰国子女で、週刊スピリッツ新人賞受賞の元マンガ家。大学在学中に制作した自作MIDIのサイトが、Apple社の推薦サイトに選ばれる。1999年に株式会社サイバードに入社。コミュニティサイトをNo.1に育て、CSセンターを立ち上げ、複数の公式サイトをリリースし、2年で上場。この経験を地元で再現しようと、株式会社K sound designを仙台で創業。大手企業との取引を重ねる。2007年、エンジニアに転身し、当時流行していたSNSにゲームを組み合わせた「モバイルウォーズ」を開発。カード合成&ガチャシステムを発明し、ソーシャルゲーム市場を開拓。VCからの資金調達に成功したが、2011年の東日本大震災で被災。その後は発明家に転身し、新技術の研究と特許出願に没頭。2014年、ギジン株式会社を設立。2016年にチャットボット事業を開始し、未来の生活が変わることを確信。ボット市場の拡大を目指して、コトバデザインに参画する。世界中の人が夢中になり必要とされるサービスをつくることが夢。

池内正志

監査役

岡崎直観

技術顧問

競合情報

すべてを表示
閉じる