1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. ヴァリューズ

ヴァリューズ

  • マーケティング
  • CGM
  • その他

企業紹介

同社は2009年に設立されマーケティングと先端技術を活用した事業を展開している。主力としているサービスはインターネット行動ログ分析サービス「VALUES eMark+」である。
同サービスはインターネットの行動データを元に、市場環境の現状を把握し環境の変化をタイムリーにキャッチできるデータを提供。同社は「VALUES eMark+」の他にも自社と競合を簡単に比較できる「eMark+Pro」高性能キーワード調査ツール「eMark+Keyward Finder」などのサービスも展開している。
2019年2月データサイエンスやAI技術をコアとするデータ解析コンサルティングやデータビジネス構築支援を行なっているFUTURE VALUES INTELLIGENCEと資本業務提携を締結したことを発表した。今後は両社の強みを生かし、より進化したデータリサーチやサイエンスサービスの提供を行い、新たなデータ活用ソリューションの開発販売も行なっていく方針である。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
-百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.02.04 -百万円 - FUTURE VALUES INTELLIGENCE 資金調達金額非公表 / 資本業務提携

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

辻本秀幸

代表取締役社長

1964年生まれ。1986年、同志社大学工学部卒業後、(株)リクルートに入社。マーケティングシステム事業部長を経て(株)リクルートイサイズトラベルの社長に就任。赤字だった会社をビジネスモデルを変換し黒字化させる(現AB-ROAD.net、じゃらんnet)。その後も求人メディア「タウンワーク」の責任者として赤字立て直しに奔走するなど事業再構築、市場創造の最前線に立ち続け、20年間在籍。2006年当時、東証一部上場企業のマクロミルに転職して社長に就任し、ネットリサーチ専業から総合調査会社として売上規模で業界7位、5位、3位(利益規模で2位。調査件数で1位)と、毎年ポジションを上昇させ最高売上更新の形で創業者にバトンを戻す。2009年、事業成長支援会社ヴァリューズを創業。2015年、経済産業省内に設置された「ビッグデータビジネスに関するスタディグループ」の委員に就任。

後藤賢治

取締役副社長

大阪大学 基礎工学部卒。(株)リクルートではECサイト責任者の経験を有し、(株)マクロミルでは元新規事業開発担当・執行役員を務める。どんなポジションであっても、現場に立ち、クライアントと対峙することにこだわることで、各種サービスの立ち上げと成功を実現してきた。ヴァリューズでも商品開発へ積極的に取り組みながら、若手社員の商談へ積極的に同行し、事業開発者として必要な素地を育成している。

柴田聡

取締役

大阪大学 基礎工学部卒。1992年 (株)リクルートに入社。システム監査業務、インターネット雑誌や新規Webメディアの立ち上げを経験後、2000年 (株)マクロミルの創業に参画。取締役として、独自のネットリサーチシステム"AIRS"の開発や新規事業、海外展開などを担当。役員退任後、ヴァリューズ立ち上げに参画し、取締役として管理部門を担当している。

子安亜紀子

執行役員

小出紘道

社外取締役

黒岩和憲

専門役員

競合情報

すべてを表示
閉じる