1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. Aerodyne Group

Aerodyne Group

企業紹介

2014年にマレーシアに創業されたドローンサービスを提供するスタートアップ。日本法人は2018年12月に設立された。創業者のKamarul Muhamed氏はロンドンで10年間の学生生活を送ったのち、マレーシアにて米系ソフトウェア会社のマレーシア法人のディレクターと現地マネージャーを務め、起業に至った。日本法人のセールスディレクターは伊藤英氏であり、過去にギークピクチュアズの本社にて事業戦略チームで務めた経験をもつ。
Aerodyneの事業はDaaS(ドローン・アズ・ア・サービス)とSaaSを軸にドローンに夜インフラ設備・建設現場の点検や管理、モニターサービスの提供である。同社の特徴はDaaSにあり、ドローン飛行に関する制約が厳しいマレーシアを拠点にしながらも、業界では圧倒的な6万回の飛行を達成したことである。Aerodyneの社員はCASA(豪州の飛行局)、CAAS(シンガポールの飛行局)、CAA(英国の飛行局)、FAA(米国の飛行局)から認定を受けており、2013年から2018年にかけて一度も事故を起こしていない。SaaS事業ではインフラ・建築管理会社向けにドローンに搭載されたカメラやセンサーからの情報を解析できるプラットフォームを提供。
2019年3月にDrone Fundよる出資を受け、資本提携を締結した。資金の用途はDaaSとSaaSプロダクトの工場に用いられる。また、Drone Fundとの資本提携によって幅広い分野にドローン技術を運用するシナジー効果が見込まれる。

プレスリリース

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
-百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.03.11 -百万円 - 鎌倉インベストメント 資本業務提携/資金調達金額非公表

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

英国で10年間学生生活を送った後、マレーシアにて米系ソフトウェア会社でディレクターと現地法人のマネージャーを務める。2014年にAerodyneを創業した。

伊藤英

Regional Sales Director(日本法人のCEO)