1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. BearTail

BearTail

  • 金融
  • 会計
  • SaaS

企業紹介

無駄な時間を省き、豊かな時間を作る。
北極星のように社会の道標となろう。

代表取締役社長の黒﨑賢一氏は、筑波大学情報学群に入学し、その後朝日インタラクティブCNET Japanでテクニカルライターを務め、ウェブサービスやスマホアプリにおけるセキュリティ対策など技術専門性の高い領域を担当。2012年6月にBearTail創業。
同社は主に全自動お金管理サービス「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」と全自動クラウド経費精算サービス「Dr.経費精算(ドクター経費精算)」の開発・運営を行う。「Dr.Wallet」は撮影したレシートを送信するだけで内容をオペレーターが入力代行してくれるとというアプリで、資産管理と現金管理をワンストップで提供している。2019年時点で1000以上の金融機関と自動連携している。「Dr.経費精算」は領収書を撮影するだけでオペレーターがデータ化してくれるサービスで、交通費や旅費、出張、交際費の経費精算業務の無駄な時間を徹底的に効率化する。
2018年11月にはフェリカネットワークスとレシートリワード事業に特化した合弁会社BearTail Xを設立。今後はおサイフケータイとの家計簿連携と営業活動の効率化やサービス拡大に努める予定。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
2,264百万円 2019.04.26

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
706百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2017.10.12 300百万円 - シリーズC
2015.06.18 300百万円 - シリーズB
2013.12.27 100百万円 - SMBCベンチャーキャピタル / インキュベイトファンド / ニッセイ・キャピタル シリーズA
2013.06.28 3百万円 - シード期
2013.04.12 3百万円 - 創業期

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.05.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -399百万円 -36百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 想定時価総額
- 未上場 - -