1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. HEROZ

HEROZ

  • その他
  • 業務支援
  • 制作支援
  • AI
  • コンテンツ
  • ゲーム

企業紹介

2009年に設立された企業。AIを活用したサービスの開発をしている。
BtoC事業の代表的なサービスには日本将棋連盟が公認する日本最大の将棋オンライン対戦アプリ「将棋ウォーズ」などがある。将棋ウォーズはAIを活用しており「棋神降臨」によりAIが代わりに5手指してくれるという機能等も持ち合わせている。搭載されているAIは史上初めて現役将棋プロ棋士・名人に勝利し高い人工知能技術を保持している話題となった。利用者450万人を突破しリリースして6年経つ今でも人気が衰えていない。BtoB事業では将棋AI等で培った技術のノウハウを活用した「HEROZ Kishin」を提供している。具体的には建設、品質管理、金融、エンターテインメントなど様々な産業の課題に適応している。
2014年には米国Red Herring社開催のテクノロジーアワードにて「2014 Red Herring Top 100 Global」を受賞するなど世界的にもAI技術の最先端を行く会社として評価された。2018年4月19日には約6億円の資金調達を実施し、4月20日に東証マザーズに新規上場することを発表した。今後も世界を驚かせるような新たなサービスを開発していくと予想される。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ニュース

関連動画

TechCrunch Tokyo 2018:Fireside Chat「氷河期の創業、今年の上場、そしてこれから??将棋AIのHEROZが語る“次の一手”」

2018.12.28

ファイナンス情報

IPO

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
466百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2017.08.31 100百万円 - 竹中工務店 -
2017.07.31 216百万円 - コーエーテクモゲームス / デジタルハーツホールディングス -
2016.12.22 50百万円 - バンダイナムコエンターテインメント
2009.06.15 100百万円 - BIGLOBEキャピタル / ジェービィックベンチャーキャピタル / ジャフコ / モバイル・インターネットキャピタル

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2019.04.30 日本方式 単独決算 1,377百万円 420百万円 415百万円 -百万円 296百万円
2018.04.30 日本方式 単独決算 1,155百万円 354百万円 338百万円 -百万円 247百万円
2017.04.30 日本方式 単独決算 877百万円 88百万円 94百万円 -百万円 94百万円
2016.04.30 日本方式 単独決算 1,155百万円 -百万円 -百万円 -百万円 -百万円
2015.04.30 日本方式 単独決算 1,193百万円 -百万円 -18百万円 -百万円 -9百万円
2014.04.30 日本方式 単独決算 1,315百万円 -百万円 102百万円 -百万円 70百万円
2013.04.30 日本方式 単独決算 507百万円 -百万円 58百万円 -百万円 36百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
2018.04.20 マザーズ 311.35 108,977百万円

ステータス

変更日 種別 備考
2018.04.20 IPO PER(初値):1664.4
時価総額(初値):163,358百万円

IPO時主要株主割合

株主名 比率
林隆弘 35.19%
高橋知裕 35.19%
モバイル・インターネットキャピタル 8.44%
HEROZ 3.57%
ビッグローブ 2.81%
株主名 比率
浅原大輔 2.03%
井口圭一 1.35%
藤野英人 1.24%
片山晃 1.24%
バンダイナムコエンターテインメント 1.24%

投資ポートフォリオ