1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. MUJIN

MUJIN

  • 製造
  • ロボット
  • 業務支援

企業紹介

産業用ロボットコントローラの総合メーカーであるスタートアップ。Dr. ロセン博士が開発し、10年以上にわたり世界中で1000以上ものロボットに適用されてきた、世界一の産業向けモーションプランニングAI技術をもとに、知能ロボットコントローラ"MUJINコントローラ"を中心とする高付加価値自動化ソリューションを提供。
次世代知能ロボットコントローラ"MUJINコントローラ"の開発・販売事業や、3Dビジョンシステムの開発・販売事業。物流ロボットソリューション事業や、カスタムロボット用コントローラの開発・OEM事業を手がける。
MUJINは、創業者滝野一征及びDiankov Rosenによるマネジメントバイアウトをおこない、2019年2月14日には、創業者2名による東京大学エッジキャピタルが保有する当社の全株式の取得を実施。また、MBOとは別に三井住友銀行より総額75億円の特殊当座借越契約を締結した。これから優秀な人材の確保、世界での強固なビジネス基盤の構築を進め、産業分野におけるロボット知能化による企業価値の向上のため、飛躍的に事業を拡大していく。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
4,110百万円 2019.07.31

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
8,175百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.04.09 7,500百万円 - 三井住友銀行 特殊当座借越契約
2014.08.01 600百万円 - ジャフコ / 東京大学エッジキャピタル シリーズB
2012.09.19 75百万円 - 東京大学エッジキャピタル シリーズA

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

Huan Liu

取締役兼製品開発部長

上海出身のフアンは、多くの電気部品が安価で手に入りやすい環境にあった事もあり、幼少期からよく友達とロボットを組み立て始める。そのロボットへの情熱は止まる事を知らず、ついには中国国内の全国ロボット・コンペで数多くの賞を獲得するに至る。高校卒業後はMITに進学しコンピューター・サイエンスを専攻するかたわら、人工知能の研究を行ってきた。卒業後は、深センのハードウェアのインキュベーターに参加した後、オラクル社でソフトウェア開発について多くのことを学んだが、ロボットで社会に貢献したいという思いは消える事がなく、MUJINに参加。

出杏光魯仙

最高技術責任者

大黒純平

執行役員兼経営企画部長兼管理本部長

小西純也

内部監査室室長兼労務部部長

金出武雄

顧問

稲葉雅幸

顧問