1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. トレタ

トレタ

  • マーケティング
  • CRM
  • 人事企画・労務
  • 予約
  • SaaS
  • その他

企業紹介

食の仕事を、おもしろく

2013年にパナソニック、外資系広告代理店を経て飲食店の開業をするといった異色の経歴をもつ中村仁氏によって設立された企業である。2018年までに累計18億2000万円以上の資金調達を行っている。
事業の主軸としては、飲食店向けの予約管理、顧客台帳システム「トレタ」の開発、運営を行っている。創業者の中村氏が飲食店経営の経験から飲食業界が抱える課題を具体的に把握していたこともあり、利用店舗の数も順調に増え、2018年1月には登録店舗数が10,000店舗を超えた。サービスの特徴としては、使いやすい予約・顧客台帳、集計・分析機能、POS連携、無料ウェブ予約ページの作成機能などがあり、店舗側の売上の向上やコストダウンにつながっている。また、予約音声の録音やオーバーブッキングを避けるアラートなど予約事故の防止のためのサービスも備えている。
飲食店の効率化・課題解決という点から社外からも高い評価を受けており、2017年の第15回日本テクノロジーFast50では2位に入賞、成長率は1243.96%を記録している。現時点ではIT化が進んでいない飲食店も依然として多く存在していると推測されており、今後飲食店のIT化に比例してトレタの利用店舗数も伸びると予想される。2018年12月にはNTTドコモが資本業務提携を公表。同社に30億円を出資する。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
19,488百万円 2019.06.27

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
4,820百万円

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2016.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -579百万円 -579百万円
2015.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -567百万円 -328百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

中村仁

代表取締役

立教大学卒業。
新卒でパナソニック入社。
1995年オグルヴィ&メイザージャパン入社。その後Ogilvyを経て豚組(グレイス)、FrogAppsの代表取締役を歴任。
2013年よりトレタ代表取締役を務める。

吉田健吾

取締役

同志社大学卒業。
2001年応用通信電業入社。
2004年paperboy&co.(現GMOペパボ)に入社し2006年に取締役就任。
2012年ブクログ 代表取締役社長就任。

磯崎哲也

取締役

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、長銀総合研究所、ネットイヤーグループ株式会社CFO等を経て、2001年磯崎哲也事務所を設立し代表に就任。以降、カブドットコム証券株式会社社外取締役、株式会社ミクシィ社外監査役、中央大学法科大学院兼任講師等を歴任。現在、Femto Growth Capital LLP ゼネラルパートナー。

加登住眞

取締役

上智大学文学部卒業。
1987年日本合同ファイナンス(現ジャフコ)に入社 。
1999年エムビーエルベンチャーキャピタルを設立し取締役就任 。
2000年キャンバス社外取締役に就任しその後取締役CFOを務める。