1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. ルートレック・ネットワークス

ルートレック・ネットワークス

  • 農業
  • IoT
  • AI
  • コンテンツ
  • 通信
  • 業務支援

企業紹介

「農業に休日を! Grow with IoT !」

2005年の設立以来、IoT事業に従事している。2010年に総務省の事業を通じて農業分野へと進出。日本発のIoT技術を用いて、高齢化、農業就業人口減、食糧危機などといった、日本・アジアが抱える農業問題の改善に取り組む。
2013年、「ゼロアグリ」をリリース。当社が培ってきたIoT技術「RouteMagic」を活かした、データをもとに農業を最適化する灌漑システム。作物の生長に合わせた、自律的な土壌の管理を可能にする。明治大学と手を組み、同大学所有黒川農場の実験ハウスにて、栽培アルゴリズムの共同開発を行う。2016年に、第二世代「ゼロアグリ」をリリース。
2016年末に4億円を調達。保守的な傾向がある農業分野での事業拡大のため、営業力の強化を進める。また、まずは国内市場を重視しつつも、グローバルな指向性から、日本との気候的な親和性が高いアジアでの展開を目指す。ベトナム、タイ、中国で試験的な導入が開始している。
2018年2月には、第4回日本ベンチャー大賞「農業ベンチャー賞(農林水産大臣賞)」を受賞。IoT×農業の分野で成長を続ける同社に注目が集まっている。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

関連動画

テクノロジーは農業を変えるか~岩佐大輝×小林晋也×佐々木伸一×松本泰幸

2018.11.13

(株)ルートレック・ネットワークス @2018スマート農業推進フォーラム

2018.07.11

AG/SUM アグサム取材(熊本:データとセンサーの最前線)トマト農家 山本恭平 株式会社 ルートレック・ネットワークス 喜多 英司 熊本県八代市

2017.03.20

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
400百万円

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2019.02.28 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -340百万円 -155百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

佐々木伸一

代表取締役社長

明治大学工学部卒業。
1982年日本モトローラ入社。
1986年ウェスタンデジタル入社。
1997年infortopia入社。
1999年アイシス設立。インキュベーション事業を展開。10年間でスタートアップ20社を担当し、IPOやM&Aを手がける。
2005年ルートレック・ネットワークス設立。