1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. ファームシップ

ファームシップ

  • 農業
  • 物流
  • 業務支援
  • R&D

企業紹介

農と食の未来創造

2014年に誕生した食糧生産・食料流通に関する社会的課題を解決するスタートアップ。代表取締役の安田氏は明治大学農学部卒業後、米国オレゴン州農業生産法人、国内監査法人、外資系メディアと植物工場事業会社での勤務経験をもつ。大学時代の盟友、北島氏と共同創業に至る。
ファームシップは植物工場事業への参入を考えている人向けにコンサルティングを行うことを主事業にしている。具体的には、事業計画の立案から初期投資コストの最小化(設備)を図り、最先端な植物工場設計が行えるように支援する。そのほか、工場をすでに持っている植物工場事業者向けに資材(種・肥やし・培地・植物栽培用LED・野菜包装機等)を販売している。その際、コンテナ型植物工場「BlockFARM」や植物工場事業管理クラウドシステム「Farmport」とうのオリジナル製品やITシステムの販売を行なっている。また、学術研究機関向けに受託研究・受託生産を行なっている。
2019年4月にはハウス食品グループイノベーションファンドを通して、同年5月にはリバネスから資金調達を実施。ハウス食品グループとの業務提携を通じて、互いが蓄積してきた知見やノウハウを共有、協働することで、植物工場を活用したハーブをはじめとする農作物素材の新たなマーケット創出に取り組んでいく構え。また、さらなるアライアンスの強化を図り、植植物工場における栽培技術の向上や小規模栽培ユニットに関する技術開発、自働AIロボットなどの研究開発を進めるとともに、研修・セミナーを通じた人材育成に関しても強化していく。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

関連動画

「ファームシップ」は次世代植物工場で農業を構造改革する

2018.01.15

野菜の安定・大量生産を”植物工場”で実現する「ファームシップ」(カタパルト・グランプリ - ICC FUKUOKA 2017)

2017.04.15

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
100百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.05.14 -百万円 - リバネス 資金調達金額非公表
2019.04.25 -百万円 - SBIインベストメント / ハウス食品グループ本社 資金調達金額非公表
2019.03.29 -百万円 - 菱電商事 資金調達金額不明
2015.07.19 100百万円 - みやこキャピタル / リバネス -

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

北島正裕

代表取締役

1980年6月、静岡県生まれ。父方はイチゴ農家、母方はトマト農家の家系。明治大学大学院卒業、分子生物学専攻。農学修士。卒業後、大手信販会社にて国際部及びシステム部に所属。その後、外資系体験ギフトサービス会社にて企画営業部長として日本市場向け商品開発のマネジメント経験を経て、大手植物工場事業会社に入社。工場長、研究開発部長及び営業部長として大規模完全閉鎖型植物工場の収益事業化に成功。

安田瑞希

代表取締役

1981年3月福岡県生まれ。花卉専業農家の長男。明治大学農学部卒業、施設園芸専攻。公認会計士。卒業後、米国オレゴン州現地農業生産法人にてバラの生産管理及び販売業務に従事。帰国後に公認会計士資格を取得、国内大手監査法人の国際部に入社。外資系大手メディアにて、オンラインメディアビジネスの経営企画、事業開発マネージャーとして事業推進の経験を経て、大手植物工場事業会社に入社。事業企画責任者として、国内外の事業開発及び経営管理を担当。

岡崎寛明

取締役

1977年12月東京都生まれ。東京大学経済学部卒業、コロンビア大学経営学修士課程(MBA)修了。みやこキャピタル株式会社パートナー。複数のベンチャー企業経営を経て、三井住友海上キャピタル株式会社において国内外におけるベンチャー企業の投資開発および経営支援に従事。経済産業省にて、VCファンドなど未公開企業投資ファンドの根拠法となった「投資事業有限責任組合契約に関する法律」(投資事業有限責任組合法)及び関連金融法制・税制・会社法制の改定を主導するなどベンチャー企業振興、産学連携施策等にも貢献している。