1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. 4Dセンサー

4Dセンサー

  • 製造
  • EC

企業紹介

同社は和歌山大学発のスタートアップとして2012年に設立された。多国籍なエンジニア中心のメンバーが集結している。主な事業としてその他にも顧客企業でのカスタマイズされた機器の開発、三次元形状の計測サービス、超高速・高精度・小型・安価な三次元形状・変形計測装置を開発・販売 を行なっている。
なかでも代表的なサービスとして世界最速の3Dスキャナー「4DSensor」を提供している。和歌山大学やモアレ研究所に所属していた時代に、考案した独自の技術、全空間テーブル化手法、光源切替位相シフト法、サンプリングモアレ法を用いた形状・変形・ひずみ計測法を実用化したものだ。今後も同社が独自で開発したOPPA法を用いて世界一のスピード、高精度の検測装置の開発を進めていく方針である。
同社は2018年7月にJR西日本イノベーションズ 、ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とする資金調達を行なっている。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
64百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.07.04 -百万円 - JR西日本イノベーションズ / ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル / 三菱UFJキャピタル 資金調達金額非公表
2016.12.12 64百万円 - ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル / 科学技術振興機構 / 紀陽リース・キャピタル -

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

室賀文治

取締役

法政大学工学部を卒業。証券会社を経て2000年に光通信グループのベンチャーキャピタルの創業に参画。その後SBIインベストメントを経て、2015年にユーグレナに転籍し、リアルテックファンドの設立に貢献。現在はリアルテックファンドの業務執行役としてファンド運営の全般を担当。VC時代には、ユーグレナの投資担当者として社外取締役を担当し、同社の上場に貢献。

リアルテックファンドでは、グロースマネージャーとしてロボティクス・IoTを主な担当領域として経営・事業化の支援を行う他、ファンド運営全般を担当。投資育成先としては、量子乱数発生チップの開発を行うクァンタリオン、物体の形状やひずみをリアルタイムで計測する装置を開発する4Dセンサー、医療機器の開発や医療関連技術の事業化支援を行う日本医療機器開発機構を担当。