1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. エクサウィザーズ

エクサウィザーズ

  • 医療・介護
  • 業務支援
  • AI
  • 人事
  • 製造
  • 教育
  • 学習支援
  • その他
  • コンテンツ

企業紹介

AIの利活用、普及を目指して

エクサウィザーズはディープラーニングを駆使した技術者集団エクサインテリジェンスと、フランス発祥の介護手法ユマニチュードとAIを連携させ研究を行なってきたデジタルセンセーションが統合し設立されたスタートアップ企業。現在元DeNA会長の春田真氏が代表取締役会長を務めており、リクルートでAI研究所を立ち上げた経験もある石山洸氏が代表取締役社長を務める。
ディープラーニングなどのAI技術を利活用し超高齢化社会などの社会問題を解決するために、 現在HR Techサービス「 HR君」、プラットフォームサービス「exaBase」、教育サービス「AIトレーニング」、認知症ケア技法「ユマニチュード」を提供している。「HR君」は労働人口減少に伴いHR人事の業務をテクノロジーによって採用、育成、評価、配置までをこなすサービスだ。教育サービス「AIトレーニング」ではAIを利用しビジネスに役立てたい人に向けて、知る、使う、作るの3つの目的別に学べる場を提供している。エクサウィザーズはAIを利用し、これまで人間が行なってきた業務を自動化、効率化することによって人間にしかできない”血の通った仕事”に注力していける世界の実現を目指している。
2018年3月には産業革新機構やSOMPOホールディングス、三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社のジャパン・デジタル・デザインなどから総額8億9000万円を調達。同社が開発を進めるAIを活用して介護や医療領域でのビジネス拡大を狙う。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

未上場

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
890百万円

決算情報

決算期 会計方式 決算方法 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.03.31 日本方式 単独決算 274百万 -194百万 -195百万 -208百万 -199百万

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 -倍 -百万

メンバー

石山洸

代表取締役社長

東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了。
2006年リクルートホールディングスに入社。新規事業提案制度から新会社を設立。
2014年メディアテクノロジーラボ所長に就任。
2015年リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。
2017年デジタルセンセーション取締役COOに就任。
2017年10月の合併を機に、エクサウィザーズ代表取締役社長に就任。
静岡大学客員教授、東京大学政策ビジョン研究センター客員准教授。

春田真

代表取締役会長

京都大学卒業。
1992年住友銀行に入行。
2000年ディー・エヌ・エーに入社、同年9月に取締役に就任。2008年常務取締役、2011年取締役会長に就任。上場を主導し、JV設立や横浜DeNAベイスターズの買収等M&Aを推進。
2011年横浜DeNAベイスターズのオーナーに就任。
2016年エクサインテリジェンス(現・エクサウィザーズ)設立。2017年10月より現職。

坂根裕

取締役

大阪大学大学院工学研究科博士前期課程修了。
2002年静岡大学情報学部助手。
2004年デジタルセンセーションを設立し代表取締役社長に就任。2017年合併にてエクサウィザーズ取締役就任。

粟生万琴

取締役

2003年パソナテックに入社。
2010年、社内ベンチャーを立ち上げ、2012年4月、同社初の女性執行役員に就任。新規事業、およびマーケティング責任者として、海外拠点タイ事業の立上げ(JV)、クラウドソーシングサービス(Job-Hub)の立上げ、産官学連携プロジェクト責任者として従事。
2016年エクサインテリジェンス(現・エクサウィザーズ)にボードメンバーとして参画。2017年10月よりエクサウィザーズ取締役就任。

浅谷学嗣

執行役員

遠藤太一郎

執行役員

藤城卓己

執行役員

丹下智広

社外取締役

竹林洋一

社外取締役フェロー

古屋俊和

取締役フェロー

新貝康司

社外取締役

競合情報

すべてを表示
閉じる

プレスリリース