1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. エアロネクスト

エアロネクスト

  • ドローン
  • 業務支援

企業紹介

同社は2017年4月に設立。UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所である。同社が実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマを「姿勢制御」とし、重心制御技術(4D Gravity™)に強みを持つ機体開発を行っている。
2018年の複数の国際展示会において、「Next VR™」「Next DELIVERY™」「Next INDUSTRY™」の3種類の次世代ドローンを発表。斬新な飛行姿勢や挙動により、大きな反響を頂き、Best of Japan Drone Award 2018においては、「ドローン関連テクノロジー」部門、「ベストベンチャー」部門の2部門において最優秀賞を受賞した。CEATEC AWARD 2018においては経済産業大臣賞を受賞。同社の技術ではドローンの下に物をつけて運ぶ際、どんな飛び方をしても物はほとんど動くことがない。一般的なドローンのものと異なる独特な形状により、耐風性能もアップして墜落リスクも軽減できるという。
順調に資金調達を進め、技術の販売を見込んでおり、既に海外からは多数の引き合いを得ている。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

関連動画

【スタートアップの登竜門】IVS LaunchPad 2018 Winter Kanazawa

2018-12-19

エアロネクスト:TechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトル

2018-12-12

エアロネクスト田路 圭輔CEOインタビュー

2018-11-15

エアロネクストは、新発明の重心制御技術で“Drone2.0/次世代ドローン革命”を牽引する(ICC KYOTO 2018)【動画版】

2018-10-09

ファイナンス情報

想定時価総額情報

想定時価総額の算出方法

当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

想定時価総額 登記簿謄本取得日
956百万円 2019.02.06

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
78百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.06.28 78百万円 - FFGベンチャービジネスパートナーズ / オークファン / 日本アジアグループ / 鎌倉インベストメント ほか個人投資家
2017.06.05 -百万円 - 鎌倉インベストメント 資金調達額非公表/ほか個人投資家

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -