1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. bookee

bookee

企業紹介

サイバーエージェント出身の児玉隆洋氏らにより2018年創業。同年スタートした資産管理のパーソナルトレーニングサービス「bookee」は"お金版のライザップ"の通称を持つ。マネーフォワードのグループ会社の運営するmirai talkの終了に伴い現在は競合サービスがない状態である。
「bookee」はミレニアル世代を対象にしており、ユーザーには女性が多いのが特徴である。指導ジャンルは貯蓄・住宅・保険・投資などを中心とし、ユーザーには銀座、表参道、丸の内、池袋の首都圏4店舗またはオフラインで、個人個人にカスタムメイドされた教育サービスが3ヶ月間提供される。なお、金融商品の紹介・あっせんはなく、中立的な学習が可能であることも強みのひとつと言える。
2019年6月にはシリーズAとして複数のVCより総額2億5000万円、2019年7月にはシリーズA追加ラウンドでリード・キャピタル・マネージメントとアリストテレスパートナーズを引受先として、1億2000万円の第三者割当増資を実施。シリーズAにおける調達総額は、総額約3億7000万円となった。これにより顧客満足度の最大化とブランディング強化、およびFinTech参入を目指す。

プレスリリース

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
370百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.07.12 120百万円 - アリストテレスパートナーズ / リード・キャピタル・マネージメント シリーズA追加ラウンド
2019.06.03 250百万円 - SMBCベンチャーキャピタル / SV FRONTIER / iSGSインベストメントワークス / みずほキャピタル / 三菱UFJイノベーション・パートナーズ

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 想定時価総額
- 未上場 - -

メンバー

児玉隆洋

代表取締役社長 CEO

大学卒業後、2007年サイバーエージェントに入社。Amebaブログアプリを責任者として立上げ、appstoreランキング1位を獲得、国内最大のブログアプリへと成長させる。 その後、Amebaブログ事業部長に就任し、Facebook/Instagramとの事業提携を実現。プラットフォーム統括責任者、テクノロジーイノベーション室長、インターネットテレビ局であるAbemaTVの広告開発局長を歴任。 2018年、自らの経験から網羅的かつ中立的なファイナンシャルリテラシーの必要性を強く感じ、株式会社bookee (ブーキー) を設立。代表取締役社長に就任。

辻侑吾

取締役 COO

大学卒業後、2007年サイバーエージェントに入社。webアプリケーションエンジニアとして、課金システムのリプレイスを担当後、課金システム全体の責任者に就任。 2011年に同社を退職後、企業経営を経験するため、水産仲卸業者と水産専門商社にそれぞれ入社し、同社の専務取締役、営業戦略本部長に就任。両社のメリットを活かしシナジーを生む経営方針で、両社の事業成長を実現。 2018年、ブーキー代表取締役社長である児玉のビジョンと経営方針に強く共感し同社に入社。執行役員COOに就任。

泉正人

取締役

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じて、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立し、代表に就任。 身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行う。 『お金原論』、『お金の教養』、『「仕組み」仕事術』など、著書は30冊累計150万部を超える。著書は、韓国、台湾、中国でも翻訳され発売されている。 ファイナンシャルアカデミーグループ代表、一般社団法人金融学習協会理事長。

水永政志

取締役

1964年生まれ。東京大学卒。1988年三井物産株式会社入社。1995年米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校経営大学院修士課程修了(MBA)1995年 株式会社ボストン・コンサルティング・グループ入社。1996年ゴールドマン・サックス証券会社入社。2000年株式会社ピーアイテクノロジー(現いちごグループホールディングス株式会社)を設立し、代表取締役就任。2002年スター・マイカ株式会社代表取締役社長就任。 2014年同社代表取締役会長就任。主な著書に「入門ベンチャーファイナンス」(ダイヤモンド社)、「現役経営者が教える ベンチャーファイナンス実践講義」(ダイヤモンド社)がある。また、京都大学、学習院大学非常勤講師として、起業や経営に関する講義を担当。

松浦温生

執行役員