1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. サイトリミック

サイトリミック

企業紹介

最新のがん免疫学の知見と技術に基づく、革新的がんペプチドワクチンの臨床開発を通して、がんを克服する社会の実現に貢献することを目標としているスタートアップ。工学博士である土肥俊氏が代表取締役社長を務める。
NECのAI技術を用いて発見された反応性の高い共通がん抗原ペプチドと、独自の組合せアジュバント(Poly ICLC(Hiltonol®)、LAG-3Ig(Eftilagimod alpha又はIMP321)の組合せによって、高い抗腫瘍効果を目指したワクチンの開発を行っている。
2019年8月にはがんペプチドワクチンCYT001を用いた、切除不能進行肝細胞癌患者を対象とした第I相医師主導治験の実施が可能となった。これに伴い、NECキャピタルソリューション、ファストトラックイニシアティブ、SMBCベンチャーキャピタルから合計13億円の資金調達を行った。臨床でのPOC確立を目指して、引き続きCYT001の実用化に向けて研究開発を推進する方針だ。

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
2,300百万円

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2019.03.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -266百万円 -265百万円
2018.03.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -407百万円 -378百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

木村廣道

取締役

協和醗酵工業(株)医薬事業部、モルガン銀行 企業買収グループ バイスプレジデントを経て、アマシャム・ファルマシア・バイオテク(株)代表取締役社長(現在のGEヘルスケア・ジャパン(株)) 、日本モンサント(株)代表取締役社長(現在のファイザー(株)) 、ヒュービットジェノミクス(株)代表取締役社長を歴任。2004年3月に(株)ファストトラックイニシアティブ(FTI)を設立し代表取締役パートナーに就任。
東京大学薬学部卒業。同大学大学院薬学系研究科博士課程修了。薬学博士。米国スタンフォード大学大学院ビジネススクール修了。MBA。

新出浩一

監査役