1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. センシンロボティクス

センシンロボティクス

  • 環境・エネルギー
  • ドローン
  • 業務支援
  • 電力
  • AI
  • 航空・宇宙

企業紹介

ドローンで社会を支える未来をつくる

産業用ドローン等を活用した業務用ロボティクスソリューションを提供するスタートアップ。DaaS型ドローンソリューションによる業務の完全自動化を目指す。
完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」はドローンの自動離着陸・自動充電・自動データリンク機能を備えたドローンシステム。事前に設定されたルートへの自動飛行や、画像・映像の撮影が可能なため、大規模な工場の警備監視や設備点検などの領域において、設置型ドローンシステム(ドローンポート)として運用することで、作業員が都度現地に赴く必要がなくなり、効率的かつ安全な業務遂行が可能。また、同社の他サービスと機能連携をすることで、定時刻にミッションを繰り返し実行するスケジューリング機能・遠隔地からのカメラ操作機能が追加できるなど、ドローンの自動運用に必要な機能のさらなる拡充と、高度な情報処理を実現する。
2019年6月経済産業省が推進するスタートアップ 企業育成支援プログラム『J-Startup』に選定。今後も拡大するドローン市場においてマーケットリーダーとなるべく事業を展開していく。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
1,200百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2018.06.29 1,200百万円 - Eight Roads Ventures Japan / グロービス・キャピタル・パートナーズ / 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ / 鎌倉インベストメント
2016.05.31 -百万円 - グロービス・キャピタル・パートナーズ / ツネイシキャピタルパートナーズ 資金調達額非公表、数億円

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -378百万円 -378百万円
2017.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -365百万円 -240百万円
2016.12.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -125百万円 -125百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

北村卓也

代表取締役社長

日本IBMを経て、2008年より日本マイクロソフトでコンサルティングサービスビジネスの立ち上げ及びサービス営業担当部長としてビジネス拡大をリード、2016年より前職SAPジャパンではビジネスアナリティクス部門にて機械学習を中核としたデータアナリティクス事業を推進。2018年10月よりセンシンロボティクスに参画。Design Thinkingファシリテーター、無人航空従事者試験1級。

塚本晃章

取締役副社長

有限責任監査法人トーマツ、ダイキン工業株式会社を経て、2014年よりそーせいグループ株式会社で経営企画業務に従事。同社投資先のJITSUBO株式会社に転籍を行い代表取締役CFOとして全社経営、資金調達、IPOに向けた管理業務の構築、運用管理を行った。2018年8月よりセンシンロボティクスに参画。

吉井太郎

執行役員 サービス企画部長

高橋和也

執行役員 開発部長

中島恒太

執行役員 事業企画部長

湯浅エムレ秀和

社外取締役

高見耕平

社外取締役

深澤優壽

社外取締役

眞鍋伸吾

監査役