1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. ジョリーグッド

ジョリーグッド

  • その他
  • VR/AR
  • 医療・介護
  • コンテンツ
  • メディア
  • マーケティング
  • 教育
  • 通信
  • 業務支援
  • AI
  • スポーツ

企業紹介

放送会社、博報堂DYメディアパートナーズなどにおいて活躍をしてきた上路氏によって設立されたスタートアップ。
世界で数兆円の規模になると予想され、急拡大を続けるVR/ARの市場において事業を展開。具体的には、短期間に高精度なVR事業を開始することが出来るパッケージソリューションや教育コストの削減にもなり、記憶率が動画よりも高いとされているVRにおける研修サービスを展開。VR事業を開始出来るサポートサービスはすでにテレビ業界において業界シェアトップを誇っており、研修サービスもジョンソン・アンド・ジョンソンや日本能率協会など、すでに大手業界からも支持を得ている。その他にもVRやAIに関連したサービスを開発しており、VR、AIという領域において事業を展開していくと考えられる。
2019年2月にはSBIインベストメントらを引受先として約5億5000万円を調達。シリーズBラウンドの投資であり、同年7月に新たに同ラウンドにアクシル・キャピタルからの投資を受け、ラウンドはクローズ。累計調達額は11億5000万円にのぼる。今回の調達資金は品質の向上と組織体制の拡充に充てられる見通し。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
1,150百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.07.25 100百万円 - アクシル・キャピタル シリーズBラウンドでの調達/2019.2.28の調達と同ラウンド
2019.02.28 550百万円 - MBSイノベーションドライブ / SBIインベストメント / 新生企業投資
2017.11.17 400百万円 - エースタート / ディップ
2016.08.30 100百万円 - gumi -

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.05.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -178百万円 -34百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

上路健介

代表取締役

テレビ局で技術者として番組制作に従事後、2000年から放送とインターネットを連携させた先端サービスを多数開発。2008年より博報堂DYメディアパートナーズにて事業開発チームのリーダーを務め、2011年から3年間ロサンゼルスに滞在、米国メディア企業らと事業開発。2014年、ジョリーグッドを設立。

土門広弥

執行役員CTO

競合情報

H2L

すべてを表示
閉じる