1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. AI Samurai

AI Samurai

  • 行政・法律
  • 業務支援
  • AI

企業紹介

人間とAIとの共創世界へ!

2015年に設立され、主な事業内容としてAIを活用した特許審査シミュレーションシステム「IP Samurai」の提供を行なっている。
同サービスは発明した内容をテキストに入力するだけで特許分類付与、先行技術調査、発明の内容理解・認定、特許登録可能性のランク付けを行い、ユーザーの特許調査の負担を大幅に削減することを実現する。弁理士や研究者のみならず個人でも簡単に特許関連業務が行なえるようなプラットフォーム化を目指している。2018年4月に発売された米国特許対応版のα版がトヨタ自動車株式会社の子会社であるTTDCを始め目とする9社と契約済みであり、2018年11月には日本特許に対応したβ版を販売する予定。
2019年7月には4億7,000万円の資金調達を実施。これで創業から累計で9億9,700万円の資金調達を行なったことになる。同社は調達した資金で、特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』の性能を向上させ、クライアントに対する更なる価値の向上を進める予定だ。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

プレスリリース

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
998百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.07.31 470百万円 - SMBCベンチャーキャピタル / きらぼしキャピタル / エリートネットワーク / ベンチャーラボインベストメント / 三生キャピタル / 南都銀行 / 大阪大学ベンチャーキャピタル / 日本技術貿易 / 横浜キャピタル / 発明通信社 シリーズB+のラウンド
2019.02.22 50百万円 - NECキャピタルソリューション / ベンチャーラボインベストメント 2018年11月資金調達時公表累計調達金額と本資金調達時公表累計調達金額の差分より推測
2018.11.12 210百万円 - Kips / エリートネットワーク / クレスコ / コア / 日本技術貿易 / 西武しんきんキャピタル シリーズB/日本技術貿易は資本業務提携
2018.10.30 140百万円 - 大阪大学ベンチャーキャピタル シリーズB
2017.03.27 128百万円 - SMBCベンチャーキャピタル / みずほキャピタル / スパークス・グループ / 三生キャピタル シリーズA

決算情報

決算期 会計方式 決算方式 売上 営業利益 経常利益 利益余剰金 当期純利益
2018.08.31 日本方式 単独決算 -百万円 -百万円 -百万円 -133百万円 -108百万円

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -