1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. DNX Ventures

DNX Ventures

ファイナンス情報

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

投資ポートフォリオ

投資情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

企業名 投資日 投資金額 リード出資 出資元 備考
HERP 2019.08.19 460百万円 - DCM / DNX Ventures / 大谷寛 / 小泉文明 / 浅野千尋 / 西川順 / 赤坂優 シリーズAラウンド
Hubble 2019.08.19 150百万円 - DNX Ventures / アーキタイプベンチャーズ / ベンチャーユナイテッド / マネーフォワード 他国内外のエンジェル投資家数名
フロムスクラッチ 2019.08.06 10,000百万円 - DNX Ventures / JPインベストメント / KKR / グローバル・ブレイン / ゴールドマン・サックス / リンクアンドモチベーション / 三井住友トラスト・インベストメント / 大和企業投資 / 楽天 グローバル・ブレインは、SFV・GB投資事業有限責任組合から、三井住友トラスト・インベストメントはジャパン・コインベスト2号投資事業有限責任組合から調達
ビーテクノロジー 2019.07.09 80百万円 - DNX Ventures / KVP / アーキタイプベンチャーズ
アダコテック 2019.07.01 400百万円 - DNX Ventures / 東京大学エッジキャピタル
TableCheck 2019.07.01 600百万円 - DNX Ventures / SMBCベンチャーキャピタル

メンバー

倉林陽

MANAGING DIRECTOR

Draper Nexus Venture Partners Managing Director
富士通株式会社及び三井物産株式会社にて日米でのベンチャーキャピタル業務を担当後、Globespan Capital Partners及びSalesforce.comの日本投資責任者を歴任。
2015年3月よりDraper Nexus Venturesに参画しManaging Director就任。
同志社大学博士(学術)、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営大学院修了。
2017年マツリカ社外取締役就任。
著書「コーポレートベンチャーキャピタルの実務」(中央経済社)

北村充崇

MANAGING DIRECTOR

97年ボストン大学経済学部修士課程卒業後、JETROニューヨークにて米国ベンチャー企業の日本企業との事業提携活動の支援などを行う。2000年にシリコンバレーに移住、日本大手VCの日本アジア投資(JAIC)のシリコンバレー拠点立ち上げメンバーに参画、以来シリコンバレーでのベンチャー投資を続け、35社に出資。

投資先は、LiveRamp(Axciom買収)、Fortinet(IPO), Swell(Apple買収)など。 2011年に日米ベンチャー投資を通じて、日本の事業会社のシリコンバレーでの活動を支援するDraper Nexus(現DNX Ventures)を立ち上げた。

前田浩伸

MANAGING DIRECTOR

IT 、ウェブサービスへの投資経験が豊富で、特にセキュリティー、モバイル、リテールテック、オンラインストレージサービス、アドテクノロジー分野への投資を強みとする。

主な投資先はCylance(Blackberry買収)、Klout(Lithium Technologies買収)、Remotium(Avast買収)、SafeBreach、Fyde、JoyMode、AppDome、Ayasdi、vArmour、Junify、and Hom.maなどがある。

慶應義塾大学SFCを卒業後、住友商事のコーポレートベンチャーキャピタルPresidio Ventures(プレシディオベンチャーズ;米サンタクララ)にて、自身のベンチャーキャピタリストとしてのキャリアをスタートさせる。 06年米Globespan Capital Partners(グローブスパンキャピタルパートナーズ)入社し、日米ベンチャー企業への投資業務、ビジネスディベロップメントに関する知見を広める。Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス)は前田が日本市場でのビジネス立ち上げを成功させた米国企業の一つである。

稲田雅彦

INVESTMENT VP

大阪府出身。2009年東京大学大学院修了(コンピューターサイエンス)。大学院にて人工知能を研究し博報堂に入社。さまざまな業種の新規事業開発、統合コミュニケーション戦略、クリエイティブ開発に携わる。カンヌ、アドフェスト、ロンドン広告祭、TIAAなどを受賞。

2013年に株式会社カブクを設立、代表取締役 兼 CEOに就任。3Dプリンティングによるデジタル製造プラットフォームを立ち上げる。トヨタ自動車、自動運転プラットフォームを提供するティアフォー社の自動運転EVのデザイン・設計・製造など、高い注目を集める。2017年9月に東証一部上場大手メーカーからのM&Aにより連結子会社化を行う。2019年6月、同社取締役会長を退任。

2019年7月、DNX Venturesに参画。AI、IoT、ハードウェア、デジタルマーケティングなどを中心とした投資業務を担当する。

Q Motiwala

MANAGING DIRECTOR

Qはハードテック(ハードウェアテック)・ディープサイエンス分野への投資に強く、現在Nauto(ノート:自動運転), Cyphy Works(サイファイワークス:ドローン), Iceye(超小型衛星SAR)Grabit(グラビット:産業オートメーション), Vitriflex(ビトリフレックス:ディスプレイ用素材開発)において社外取締役を務める。また、最近では子供向けライドシェアのZum(ズーム)への投資を行った。

DNX創業前は、94年にQualcommに入社。その後11年間に渡り、韓国、日本、米国での新規事業の立ち上げ等様々な業務に携わる。ワイヤレス、セミコンダクター技術に関する5つの特許を持つ。

ムンバイ大学卒業後、バージニアテック大学で電気工学修士号取得、さらにUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)にてMBAを取得している。

野村佳美

DIRECTOR OF PARTNERSHIP STRATEGY

2016年8月より現職。パートナー企業と米国スタートアップの協業に携わる。

前職では、経営企画室にて新規事業開発、鉄鋼営業部門にて大手鉄鋼メーカーからの鉄鋼製品仕入等を担当。​​MBA留学中にインドで社会貢献ビジネスの、またシンガポールでヘルスケア関連のスタートアップの戦略策定に携わったことをきっかけに、スタートアップの圧倒的なスピード感に魅了され、MBA取得後シリコンバレーに移住。

2016年 Ross School of Business at the University of MichiganにてMBA取得。