1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. GRA

GRA

  • 農業
  • R&D
  • 業務支援
  • 人事
  • 採用・転職
  • その他
  • 旅行
  • メディア

企業紹介

2012年にITベンチャー起業の経験をもつ岩佐大輝氏によって設立された企業。当時、東日本大震災により壊滅的な被害を受けた故郷宮城県の「イチゴ」を新しい形で復活させようという思いから設立に至った。
同社は農産物の生産販売、輸出、技術開発、産地ブランド開発、就農支援事業と農業に関する様々な事業を展開する。中でも産地ブランドである「ミガキイチゴ」は食べる宝石をコンセプトとして作られており、その品質性の高さから2013年度のグッドデザイン賞を受賞している。「ミガキイチゴ」の品質を保っている背景には独自に開発されたプログラムが隠されている。温度、湿度、日照量、CO2濃度、栄養分と行った重要な要素をすべてICT(情報通信技術)を通じてデータベースに記録しプログラムを設計。これによってこれまで感覚に頼って来た匠の技を可視化し、より安定した生産を可能にする。
また同社は蓄えた技術とノウハウを生かしイチゴ栽培のフランチャイズ化を進めており、創業からのミッションにも掲げる「100社、10,000人の雇用機会創出」を目指す。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

関連動画

1粒1,000円の高級イチゴ「ミガキイチゴ」で世界を元気に!農業生産法人GRAの夢と挑戦(ICC FUKUOKA 2019)【動画版】

2019.03.20

「GRA」はITでイチゴ栽培を形式知化・ブランド化し、宮城発で世界に挑む

2018.01.22

GRAいちごパークでいちご狩り!岩佐大輝が自分で体験してみた!

2015.04.21

【新経済連盟】IoT価値創造WG 農業IT視察

2014.10.15

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
520百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2015.03.16 520百万円 - INCJ / JA三井リース / 日本電気 GRAアグリプラットフォームとしての調達/GRA自身の投資額含む

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

福島雅史

取締役兼執行役員 新規就農事業責任者

鑓水英樹

取締役

1991年 4月 三井生命保険相互会社 入社
2000年 3月 プライスウォーターハウスクーパース 入社
2002年 1月 あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行) 入社
2009年11月 産業革新機構 入社
2014年 2月 リファインバース 社外取締役
((2016年7月東証マザーズ(コード番号:6531)上場に伴い退任))
2014年 5月 Sansan 社外取締役(現任)
2014年 7月 NejiLaw 社外取締役(現任)
2015年 5月 GRAアグリプラットフォーム 社外取締役(現任)
2015年 7月 ナノミストテクノロジーズ 社外取締役(現任)
2015年 11月 ユニバーサルビュー 社外取締役(現任)
2016年 4月 産業革新機構 マネージングディレクター(現任)
2016年 6月 三次元メディア 社外取締役(現任)
2017年 3月 ファームノートホールディングス 社外取締役(現任)

上田貴史

執行役員 経営管理部門責任者

柴田修司

執行役員 生産管理責任者

渡辺周

執行役員 海外事業・新規事業責任者

犀川治

監査役

橋元忠嗣

最高栽培顧問

競合情報

すべてを表示
閉じる