1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. 運動通信社

運動通信社

  • コンテンツ
  • スポーツ
  • メディア

企業紹介

日本を世界が憧れるスポーツ大国にする。

2016年11月よりKDDIとともに共同で日本のスポーツ文化の底上げを目的にインターネットスポーツメディア「SPORTSBULL(スポーツブル)」を運営している。
同サービスはアマチュアスポーツ、マイナースポーツ注力をミッションとして掲げており、現在、40種類以上の幅広い競技の、速報データ、記事、コラム、動画を完全無料でユーザーに配信している。特に学生スポーツに関してはライブ配信にこだわり、これまで多くの学生スポーツの大会等を応援してきた。2018年8月には、最高アクセス数としてMAU1300万、DAU300万を記録した。また今後の新規事業では、スポーツ観戦、運動体験を増幅させるサービス、スポーツ体験創出事業と生活者とスポーツをもっと身近に感じてもらえる新規スポーツIPの立ち上げ、広域なエンターテイメント事業としてのスポーツIP創出事業を展開していく。
2019年8月5日に電通、博報堂DYメディアパートナーズ、ミクシィ、講談社、KSK Angel Fundから7億4000万円の資金調達を実施した。今回の調達を通して、各事業会社と密に連携し、これまでのメディア事業のさらなる成長と、メディア事業を核とした新規事業領域へのチャレンジを目指す方針だ。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
740百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.08.04 740百万円 - KSK Angel Fund / ミクシィ / 博報堂DYメディアパートナーズ / 講談社 / 電通
2016.11.10 -百万円 - グローバル・ブレイン 資金調達金額非公表

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

黒飛功二朗

代表取締役

神戸大学経営学部卒業。電通に入社。電通では放送局の担当を経て、デジタル関連部署に退社まで在籍。
ナショナルクライアントのデジタルマーケティングプロデューサーを経験したのち、多数のインターネットサービスのコンサルタントに従事。その後、事業の成長戦略立案、実施運営をワンストップで行うリムレットを設立。
夏の高校野球のライブ配信事業「バーチャル高校野球」のプロデュースを筆頭に、 数多くのスポーツインターネットサービスの立ち上げに携わる。
その後、スポーツインターネットメディア事業に特化した
運動通信社を設立。

熊谷裕佑

取締役

ウェブ制作会社にデザイナー兼プログラマーとして勤務。国内大手通信事業、アパレル事業のブランドサイト、 プロモーションサイトの制作に従事。
その後、デザインスタジオに創業期より携わり、ディレクター、デザイナー、プログラマーとして勤務。 国内大手アパレルメーカー、自動車メーカーのコーポレイトサイト、 ECサイト、プロモーションサイトの制作を行う。
フリーランスを経て運動通信社に入社。スポーツブル立ち上げ時より開発プロジェクトマネージャーを担当。

高石雄大

取締役

高校卒業後、アメリカへ渡り、ウェストバージニア州立大学へ進学。
帰国後、Facebook Japanで勤務し、黒飛との出会いをきっかけに、リムレット株式会社へ一号社員として入社。企画からSNSの運用支援などの業務まで幅広く携わった後、運動通信社へ創業メンバーとして転籍し、スポーツブルの編集長へ就任。
2018年1月より同社の編成担当執行役員を務め、10月より取締役就任。

椛沢保男

執行役員

若村祐介

執行役員

加藤貴士

社外取締役

先崎博文

社外取締役

中村大輔

社外取締役

熊倉次郎

監査役