1. HOME
  2. カテゴリー一覧
  3. AFIテクノロジー

AFIテクノロジー

  • その他

企業紹介

FES(Fluid, Electric filtering and Sorting technology)と呼ばれる、独自の電気計測と流体制御技術を利用した分離技術を用いた製品を製造・販売している。微生物検査の迅速化に加え、食品全般・飲料全般の品質管理、臨床微生物検査にも適応される。iPS細胞を含むバイオ製品製造分野においても、細胞製造プロセスに不可欠な技術となる可能性があり、幅広い分野での技術の応用を行っている。
同社の具体的な商品として、食品・飲料の品質管理に適した微生物汚染リスクモニタリングシステム「ELESTA™」があり、蛍光染色やATPを利用しない唯一の非培養迅速検査法で、最短5分で測定完了するものである。濃縮・回収においては非侵襲・非標識で微生物を電気フィルタに捕捉し続け、集積した後に専用バッファで回収することができ、 VNCや死菌など培養できない微生物の研究にも適している。分離・解析においては食品・飲料・化粧品に含まれる様々な成分と微生物を、電気特性と流体制御により分離し、専用ソフトによりサイズや形状等を画像解析し、微生物を認識する。計測・記録においては解析された画像中の微生物は自動カウントされ、そのデータや写真はすべてのパラメーター情報とともにシステムに記録される。それらを再解析することも可能である。
2019年8月8日、以前第三者割当増資により出資を受けたSCREENホールディングスより追加出資を受け、20%の出資比率により、持分法適用関連会社となった。この出資により、細胞関連分野での製品開発を加速し、細胞関連装置の早期製品化を目指す。

サービス

※公式HPの事業内容から情報を取得しています。

※ゲーム事業の会社は、主要サービス3つを表示しております。

ファイナンス情報

資金調達情報

出資元アイコンの意味

第三者割当増資

融資

ICO

クラウドファンディング

助成金

社債

その他

合計資金調達額
740百万円
資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考
2019.08.08 -百万円 - SCREENホールディングス 資金調達金額非公表/ 20%の出資比率で持ち分法適用関連会社となっている
2018.02.13 430百万円 - SMBCベンチャーキャピタル / テックアクセルベンチャーズ / ヤマト科学 / 中信ベンチャーキャピタル / 京都大学イノベーションキャピタル
2016.06.28 30百万円 - 京都銀行
2016.05.19 280百万円 - みなとキャピタル / みやこキャピタル / 京都大学イノベーションキャピタル / 京銀リース・キャピタル / 大阪大学ベンチャーキャピタル

株式市場情報

上場日 株式市場 PER 時価総額
- 未上場 - -

メンバー

円城寺隆治

代表取締役社長

呼吸用保護具メーカーで防じん・防毒マスク用フィルタの研究開発に10年間従事した後、細菌検査試薬ベンチャーに転職。大学との共同研究で ”FES” の根幹となる誘電泳動電法の研究を開始。2007年にFESを専門とするフィルテクノジャパン㈱を設立し、リサーチユースの誘電泳動分離デバイスを開発。大学や企業に対して同デバイスを販売し、原理検証を行う。2013年に㈱AFIテクノロジーを設立し、FESを導入した微生物の迅速分析装置「エレスタ」の開発に着手。2014年、代表取締役社長に就任。首都大学東京(旧東京都立大学)大学院修了、博士(工学)。

隅田剣生

取締役

大学卒業後、プラントエンジニアリング業界でプラント機器の営業に従事、あらゆる産業分野の営業を経験。2004年からNEDO、大阪大学、文部科学省等で産学官連携コーディネーターを歴任し、多数の大学発ベンチャー・産学連携プロジェクトの組成、マネジメント業務に従事。2013年に㈱AFIテクノロジーを設立、2014年から現職。神戸大学大学院修了。

山本博一

社外取締役

四本賢一

社外取締役

嶋本英剛

社外取締役

西宏章

監査役

競合情報

IBJ

SOU

すべてを表示
閉じる